病院に行かずに治したい!自宅でできるワキガ臭の治し方

ワキガの治療と言うと、病院で手術をするしかない…そう思っている人は少なくありません。しかし、手術には時間もお金もかかるし、そもそも肌を切る手術は躊躇してしまいますよね。

実は、“手術しか手がない”というのは間違いなんです。

ワキガの臭いの元は“汗”。体質を改善してその“汗の質”を変えれば、ワキガ臭は軽減できるんです!

さっそく、ワキガ臭の元を絶つ、自宅でできる体質改善の方法をご紹介しましょう。

ワキガ臭に効く!自宅でできる体質改善4つ

①食事の改善

528942d70881c614e13af7eab0bec43f_s
誰でも、ニンニクを食べたりお酒を飲んだ後は体の臭いが気になりますよね?

食べたんだから口からじゃないの?と思われがちですが、実はあの臭いは口だけではなく、体中の毛穴から漏れているのをご存知でしょうか?

実は、食べたものの臭いは血液に溶け出し、汗と一緒に外にもれているのです。つまり、ワキガ臭が気になっている人が臭いの強いものを食べれば、臭いはさらにきつくなってしまいます。

避けるべき食べ物

ワキガの人は避けるべき、体臭を悪化させる食べ物をご紹介します。

・ニンニク、タマネギ、ニラ
口臭でお馴染みの臭いの強い野菜は、やはり体臭も悪化させやすいです。

・たばこ、アルコールなどの嗜好品
どちらももともとの臭いが強い上に、発汗作用があるのでワキガの原因であるアポクリン腺の汗も増やしてしまいます。

・肉、バター、乳製品、揚げ物
動物性脂肪が多い食べ物は皮脂の分泌を促します。すると、脇の下に住む細菌のエサが増え、臭いが悪化しやすいのです。

・塩分や糖分が多い食べ物
味の濃い食べ物はいわゆる“ドロドロ血”の原因になり、臭いの強い汗が出やすい状態になります。

体臭に効果がある食べ物

体臭効果食べ物a
積極的に食べることでワキガ臭が抑えられる、または悪化させない食べ物もあります。

・アルカリ性食品
脂っこい食事が続くなどして血液が酸性に傾くと、体臭が強くなります。人の体は通常弱アルカリ性なので、アルカリ性食品を積極的に取ることで体臭の悪化を抑えることができます。
例:緑黄色野菜、梅干し、海藻類、バナナなど

・ビタミンが豊富な食品
ビタミンA、B、C、Eは、血流を良くしたり、脂肪の分解や皮脂の量をコントロールする役割があります。食品の例を挙げると…

ビタミンAが豊富な食品…緑黄色野菜、レバーなど

ビタミンBが豊富な食品…卵、ナッツ類、大豆、バナナなど

ビタミンCが豊富な食品…アセロラ、レモン、ブロッコリーなど

ビタミンEが豊富な食品…かぼちゃ、ゴマ、アボカドなど

これらの食品を積極的にとることで、汗に含まれる臭いの成分や細菌のエサになる老廃物を減らすことができます。

②規則正しい生活

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
体のどういった悩みであっても基本のことですが、体臭に関しても規則正しい生活は重要です。

特に日頃忙しく過ごしている人は、ワキガの悪化み注意した方が良いかもしれません。

ストレス

人はストレスを感じると脳内にアドレナリンを作ります。このアドレナリンは、ワキガの原因であるアポクリン腺を刺激して汗を増やすので、脇の臭いの悪化に大きな影響を与えるのです。

さらに、ストレスは血行も悪くするので、体は老廃物がたまりやすい状態に。汗の中の臭いが強い成分が増えれば、体臭は自然と強くなってしまいます。

ワキガ臭を治すには、ストレスを感じづらい生活を送ること、あるいはストレスに対して大らかになることが重要です。

寝不足

睡眠は体にとってメンテナンスの時間。特に肝臓の働きが十分でなくなることで、体臭を悪化させる毒素がたまってしまいます。

また、睡眠時間が短くなるとストレスを感じるのと同様に血行が悪くなったり、自律神経に影響が出て皮脂の量が増え、脂っこい汗が出やすくなります。

③汗をかく

213634
ワキガの人にとっては、わざと汗をかくなんて信じられない!と感じるかもしれません。

しかし、汗をかくことを怖がるあまり“汗をかかない生活”を続けていると、汗腺の働きが悪くなり、ますます“臭う汗”になってしまう可能性があるのです。

そうならないためには、スポーツやお風呂などで積極的に“気持ちの良い汗”をかき、汗腺を働かせてあげましょう。

この時の汗は「エクリン腺」という汗腺から出る無臭の汗で、ワキガの原因になっている汗とは別ものなのです。

汗をかくことで血行もよくなり、体臭の原因を体にため込みづらくなります。

④水分補給

ワキガの臭いに悩んでいる方は、できるだけ汗をかかないようにするために水分補給を控えていませんか?

実は、これは体臭にとって逆効果。

③でも触れたように、体の中の水分が足りなくなると、血液がドロドロになってしまい汗の成分も濃く変化してしまいます。汗の水分量が減ったとしても、臭いの元になる成分は濃いので、体臭は抑えられません。

ワキガ臭が気になるなら尚更適度な水分補給を心がけましょう。

ただし、カフェインが入った飲み物(コーヒー、紅茶など)は利尿作用があるため水分補給には不向きです。

水やハーブティー、ビタミン豊富な果物や野菜のスムージーなどがオススメです。

ワキガ臭を抑える“ひと工夫”

ワキガを治すためには体質改善が大切…とはいえ、体質を変えるには時間がかかるのも事実です。

「今すぐにワキガ臭を抑えたい!」という人のために、お出かけ前にできる“臭わせない工夫”をご紹介します。

脇毛を剃る

脇毛の処理は、女性であれば日常的に行っているかもしれませんが、ワキガ臭が気になる人の中に“抜いている”という人はいませんか?

実は、腋毛を抜いて処理をするとワキガの原因である汗腺を刺激して、臭いの元をたくさん分泌してしまうのです。

脇毛を処理する時には、必ずカミソリや電気シェーバーを使用して“剃る”ようにしましょう。もちろん、脱毛サロンで生えなくさせてもOK。

脇毛を伸ばしっぱなしにしていると、汗をため込みワキガ臭を広げる元になります。対策のためには、男性であっても剃るか短くカットするのがオススメです。

衣類選びの工夫

129466
自宅でできるワキガ臭対策として、忘れてはならないのが“衣類”のこと。

ワキガ臭は自分の脇の下だけではなく、脇に触れる衣類にも汗と細菌が移り住んでしまい、臭いを発散させています。

特に注意したいのが、ナイロンなどの化繊の服。化繊類は繊維の目が細かく、汗が染み込みやすいのです。さらに、体温で蒸れて細菌も繁殖してしまいます。

ワキガ臭対策としてオススメしたいのは、通気性の良い綿の服。

特に、脇に直に触れる下着はワキガ臭を生む細菌の温床になりやすいので、通気性と清潔を保てるようにしましょう。

さいごに

ワキガのことを人に相談するのは恥ずかしい…そう思っている人にとっては、病院に行くのも勇気が必要ですよね。

まずは、こっそりと自宅でできる、体の中からワキガ臭の原因を絶つ体質改善を試してみてはいかがでしょうか。

きっと今の状態を改善するヒントが見つかるはずですよ。